2006年07月11日

リリー・フランキーの課外授業「ラブレターを書こう」

リリー・フランキー(イラストレーター・作家)の「課外授業ようこそ先輩」(2006/07/01・NHK総合)を愉しみにしていた。
福岡県宮若市立宮田南小学校
制作・オルタスジャパン

正直なところ、期待はずれだったといわねばならない。自分がなにを期待していたのか、録画を観ながら検証したいと思い、ビデオを再生した。
な、なんと、トップシーン・東京タワーの映像の直後、フィルムが「お宝TV――吉村作治が語る"七人の刑事"」(2006/07/07・BS2・19:30〜20:00・制作協力 オルタスジャパン)に移行しているではないか。
過日、「課外授業」の録画を観ようとして巻きもどしたまま放置していたのを忘れ、そこへ「お宝TV」を録画してしまったらしい。
幸いにもリアルタイムで本番組を観ていたが、細部についての記憶は失われている。
そんなわけで、今回は粗雑な内容になることをお許しいただきたい。

以前に、リリー・フランキーが「トップランナー」(NHK教育)に出演し、ベストセラー『東京タワー』について語るのをおもしろく観た。
それよりも強烈な印象を受けたのは、5月の火曜日「知るを楽しむ/私のこだわり人物伝」(NHK教育)で、松田優作についてリリー・フランキーが語った「アニキの呼び声」だった。

わたしが松田優作を好きではないにもかかわらず、リリー・フランキーの茫洋とした表情を崩さない語りを愉しめたのである。
リリー・フランキーは、脂ぎっていない顔の下に隠されている狂気が透けてみえるような、味わいのある顔をしている。どこまでいっても妖しいヒト。
「日本の男は、松田優作が棲みついた男とそうでない男の二種類に分かれる」というリリー・フランキーの持論の信憑性はともかく、男が男に惚れるすさまじさを、脚本家・丸山昇一と松田優作の関係をだぶらせながらみせつけた。

リリー・フランキーの持ち味は、独特の力の抜けかたとナンセンスなユーモア感覚だと、わたしはとらえている。それは「課外授業」にもあらわれていた。
前回のオルタスジャパン制作・山崎貴の「課外授業」に、番組の定型を破った新鮮さがあったので、今回の定型ぶりに落差を感じたのだろう。
全体的に、リリー・フランキー『東京タワー』の宣伝効果が強く、子どもたちの影が薄い。

それにしても、リリー・フランキーらしからぬ平坦な内容に終始したのはなぜなのか。それも彼は織りこみ済みかもしれぬと思うのは、わたしの深読みだろうか。つまり、そんなに簡単なテーマじゃないので、ご期待には添えませんよ、とでもいいたいのではないかと。
彼は、自らは動かず、感動したがる視聴者の貪欲さを斬り捨てたのではないか、とわたしは妄想する。
そのせいかどうか、わたしは番組を観おえたあと、自分ならどんなラブレターを書くだろうかと、わが身におきかえて考えさせられたのである。

授業の冒頭で「テーマを用意してきませんでした」とリリー・フランキーは宣言し、子どもたちを驚かせる。そしてテーマを決めるために、記述式のアンケートを書かせる。その結果、「ほんとうの想いを伝えられない」子どもたちが多いということが判明。ラブレターを書かせるという課題を与える。
これでは予定調和ではないか、という想いがよぎり、いささかしらけた気分になったのは事実だ。

子どもたちが発表したラブレターに、わたしはそれほど感動しなかった。だからこそラブレターを書くむずかしさを感じた、ともいえる。
あたりまえだが、文章でしか表現できないからラブレターを書くのだ。
本気でラブレターを書きたいと思う人間に出逢えただけでも、幸せなのかもしれない。そんなことがなくても、ひとは生きていけるだろうから。

いままで多くの「課外授業ようこそ先輩」を観てきて思うのは、6年生を相手に授業をするため、子どもらしい発想に欠けるのではないかということ。6年生は、おとなと同じ感覚をもつ。4年生相手の授業なら、おもしろくなるのではないか。そのぶん失敗も多いので、リスクは大きいが。

  *

7/7放映の「お宝TV」でとりあげられた「七人刑事」をわたしが観たのは、小学生のころだった。毎週、愉しみにしていたのを憶えている。芦田伸介がいい味をだしていると、生意気にも思っていた。
「お宝TV」で流れたモノクロの映像を観ると、ドラマではなく現実に起きている事件のような錯覚に陥った。


〔参照〕

リリー・フランキー(フリー百科事典『ウィキペディア』)

七人の刑事―TVおたく第一世代





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シャンティcoco   2006年07月16日 22:50
こんにちは。今更ですが、私のブログにこちらのブログのURLを貼ってもよろしいでしょうか?最近、他の人のブログをリンクさせる機能をマスターしたもので、やってみたくて…(笑)。
2. Posted by miko   2006年07月16日 23:46
シャンティcoco さま

ええ、もちろん。
よろしくお願いいたします。
3. Posted by シャンティcoco   2006年07月17日 11:03
ご快諾、ありがとうございます。うまく貼れたら、またご報告にうかがいます。v(^^)v
4. Posted by miko   2006年07月17日 15:29
シャンティcoco さま

コメントがだぶっていましたので、勝手ながらあとの投稿分を削除させていただきました。
livedoorからも通知があったのですが、最近、コメント表示に不具合が発生しています。
ごめんなさい。 
5. Posted by シャンティcoco   2006年07月17日 16:19
よかった^^。二つもダブってどーしましょ?と焦りました。失礼しました。で、無事リンク貼れました。ありがとうございました。ご報告まで。