2006年10月24日

奥山清行の課外授業「デザインは大切な人のために」

2006/10/21にNHKの「課外授業ようこそ先輩」に登場したのは、奥山清行氏(カーデザイナー/47歳)である。
山形大学附属小学校/6年2組/38人
ナレーション/ダニエル・カール
制作/オルタスジャパン

奥山氏は、同じくNHKで2006/07/06に放映された「プロフェッショナル」に、【新しいものは「衝突」から生まれる】というタイトルで登場していた。そのときの印象が強烈だったので、奥山氏が「課外授業」でどのような顔をみせるのか。それを主軸にして番組を観た。
結論からいうと、成功している。「プロフェッショナル」では表現できなかった奥山氏の顔が、見事にあらわれているからである。

上着をぬいで半袖のTシャツで授業をする奥山氏は、アメフトの選手のような体躯にみえる。しかし「プロフェッショナル」では、職場で日々激闘している奥山氏が、じつは甘いものが好きで、ジェラートを口にする姿を映していた。
そんなふうに、どうしても「プロフェッショナル」で描かれていた奥山氏の映像と対比させながら本番組を観てしまう。

奥山氏の顔がアップになると、眼に惹きつけられた。水晶のような透視力のある眼をしている。それを写し撮るカメラマンの意思を感じた。
いままで多くの「課外授業」を観てきたが、本番組は秀逸である。
奥山氏のプロフィールを、必要最小限に抑えたところもよい。
子どもたちが待ちかまえる教室に、緊張した先生(先輩)がドアを開いて入る、という例のいただけないシーンがないところも助かる。
ただ、ダニエル・カールの軽妙なナレーションはミスマッチではないのか。なにを狙っているのかわからなかった。

以下、番組を順に追っていく。

  *

イタリア/トリノ

ファーストシーンはイタリアのトリノ。
スーパーカーの展示場。スマートなマイクのまえに立ち、英語でプレゼンテーションする奥山氏。

わたしたちがつくったのは、未来の車が目指す姿です

勇気をもって夢に向かえば、夢を現実にできるはずです

(拍手)

場面は一転して、ある一室。制作スタッフの質問に答えるような感じで奥山氏はいう。

たかがモノ、されどモノでして、人はいなくなってもモノって残るじゃないですか。だからぼくは、やっぱりモノにいのちを宿したいと思うし、そのモノを通してメッセージを何世代の人たちにわたって伝えたい

校庭に赤いフェラーリ

校庭に停まっているのは奥山氏がデザインした赤いフェラーリ。かつてない乗りやすさで高く評価されている。
座席に座っている奥山氏は、笑いながらいう。
「自分の母校でここに座っているの、違和感ありますね」

車から降りた奥山氏は、つづけて語る。
「買ってもらうときにはチャーミングな車でなくちゃいけないけど、それがずーっとつづくような車をどうやってつくれるか。一生懸命想像力をはたらかせてモノをつくっていくのが、むつかしさでもあるし愉しさでもあるし」

子どもたちが校庭へでてくる。
奥山氏は「おはよう」と声をかけ、「おはよう」と返される声を聞き、「元気いいなあ」と笑う。

奥山 「きょうはこの車に乗ってきました。自分でデザインしても買ったことはないんだけど、みんなに乗ってもらおうと思って。みんなに座ってもらって、よーくみてほしいの」

カメラが車の全身を舐め回すように撮す。

男の子は得意げな顔つきで乗っていたが、女の子はキャーキャーした感じで乗りこみ、こわごわ部品にさわっていた。

男の子 「エンジンもデザインしたって?」

奥山 「このネジも、イタリアでしかつくっていない特殊なネジなんだよ。この車にしか使っていないネジとか小さい部品も、だれかが研究して苦労してつくっている。そういう一生懸命努力してつくったモノには、不思議な力といのちが宿るんだよね。これがきょうの最初のメッセージかな」

授業1日目

「大切な人のために車をつくってください」と奥山氏はいい、子どもたちは、大切な人の趣味や生活状況を書きだす。

奥山氏の人生の転機となったできごとが挿入される。

奥山氏は昭和57年、アメリカへ。
36歳のとき、母親のテツさんが心筋梗塞で倒れた。すぐにイタリアから飛んで帰ってきた。母親の入院する病院の廊下で遭遇したのが高校時代の親友で、医科長だった。「ぼくが診ているから、心配しなくていいから」といわれた。その親友のお陰で母親は無事に退院することができた。

奥山 「自分の周りには、大切な人をよくするために生きているんだなあと思った。ぼくは、それまでの30数年間の人生は、あんまりそういうことを考えずにすごしてきたんですね。情けないと思いました。"乗る人を幸せにする車"をつくるんだと決意して」

授業風景にもどる。

【大切な人はどんな車をほしがっているか?】
グループに分かれて考える。

1. 家族
2.お父さん
3.お母さん
4.弟・妹
5.お兄さん
6.友達(スポーツ)
7.友達(おしゃべり)
8.野球部の監督

グループごとに模造紙に書きだしたのを黒板に貼る。

奥山 「みんな自分でみて、満足してる? でてきたものが、ちょっと情けない。夢を入れてほしい。むずかしいけれど、みんなならできる」

宿題がだされる。
"大切な人"本人に訊く。自分が想像していることが正しいのか、たしかめてほしい。

廊下で奥山氏は、肩を揺らして軽く笑いながら胸中を語る。
あの子たちがほんとに考えてることと思えないのね、あれが。このままじゃ納得できませんよ、ぼくは

授業2日目

ラフな感じで教室に入り、子どもたちに「おはよう」と声をかける奥山氏。
「大切な人と話してどんなことを発見したか、聞いてみたいんだな」

子どもたちは、それぞれが発見したことを語る。

つぎに別室で待つ奥山氏を、しんたろうくんが訪ねる。
大切な人は、「野球部の監督」。
模造紙に書いた絵と文章をみせながら説明する。

しんたろう 「お酒やマッサージなどの設備より、みんなで乗る車のほうがよかった。7つのハンドルを6年生がもつ。行き先は甲子園で、車は7人のこころがひとつにならないと動かない。甲子園を目指す夢の車になりました。コンセプトは"7人のこころをひとつにして甲子園に導いてくれる車"です

奥山 「うん。すごくよくまとまっているし、考えもものすごくおもしろい。なにもいうことないです。このまま進めてください」

しんたろう 「ありがとうございます」

しんたろうくんの「車は7人のこころがひとつにならないと動かない」という発想に、わたしは感心した。7つのハンドルには、夢と現実が含まれている。
球児や監督にとって甲子園は究極の夢だ。
今夏の甲子園・決勝戦での熱闘は、NHKスペシャルで放映されるほど多くの人を魅了した。エースを支えるチームワークについて考えさせられたので、しんたろうくんの発言に説得力があった。

奥山氏が授業のポイントを述べる。
大切な人のことを自分がまずよーく考えるという行為が第一にあって、そのあと本人に訊いてみる。いきなり訊いちゃダメなんです。で、訊いたときのギャップというのは、自分で考えたことがあったからこそわかるんですね。いかに大切な人で、いかに近くに生活している人であっても、気がついていなかったんじゃないか、ということに気づくことが出発点なんじゃないかなあ

観客のいないホールで世界に通じるように発表

子どもたちがバスに乗って向かったのは、山形市内にあるすてきなホール。800人以上収容できる。品川区天王洲アイルにある劇場「アートスフィア」(名称を「天王洲 銀河劇場」と改め2006/10/06にグランドオープン)にちょっと感じが似ているようにみえた。

奥山 「みんなに班ごとにあそこの段の上に乗って、発表してもらいます。きみたちは、これから好むと好まざるにかかわらず、必ず世界を相手にしなきゃいけない。きょう発表するあそこの舞台は日本。ここの観客席は世界。だからきょうは、ちゃんと世界に通じるように発表してください

子どもたち 「はい」

奥山氏はがらんとした観客席で足を組んで座り、ただひとりの観客は"世界"として存在している。そのリラックスした態勢とは裏腹に、鋭い眼光で舞台の子どもたちを注視している。

【舞台での発表】……模造紙に書かれた絵と文字/模型

奥山氏の総評。
「みんなごくろうさま。きのうときょうの2日間だったけど、凝縮したプロジェクトをやってもらって、先生はとっても愉しかったです。発見があったでしょう。お父さんが一番望んでいるのは、マッサージチェアとかそんなことよりも、子どもと一緒にいることだった。お母さんが思いやりをもってる車がほしいというよりも、むしろきみたちがお母さんにこういう車を贈りたいという気もちのほうが強いと思うんだ。でもそれが大切なのね。
きみたちがなにかをするとき、その人がきみたちが嫌いな相手であっても、すごく納得できない、合意できない、理解できない人たちであっても、その人たちはみんなだれかの大切な人なんだね。自分が想像つかないことでも、一生懸命想像力使って、そういうことを考えてほしいなと思う。
どうもありがとう」

再び校庭の赤いフェラーリ

奥山氏は校庭で赤いフェラーリに乗り、エンジンをふかす。数人の子どもたちが見守っている。
エンジン音を聞きつけ、校舎から子どもが駆けよってくる。
フェラーリの魅惑的なエンジン音が耳底に響くなかエンド。

  *

ラストシーンが、猛スピードで立ち去るフェラーリではなく、魅惑的なエンジン音であるところに感慨がある。
奥山氏のいう「みんながだれかの大切な人である」という、排除の論理に抵抗できる人間ばかりなら、戦争もいじめ自殺も起こらない。

奥山氏の最大の特長は、子どもたちと対等に接したことだと思う。
教室にシビアな職場の空気がみなぎっていた。
手加減しないで本気で授業をした奥山氏の空気感は、子どもたちの細胞に刻みこまれたにちがいない。
「プロフェッショナル」という番組でも、優秀な若いデザイナーのプライドを粉砕し、同時に彼を育てようとする強い意思を明確に打ちだしていた。
奥山氏は本質的な教育者なのだ。

なお次回はアンコール放送で、2006/06/03に放映された山崎 貴「豊かさって何だろう」である。


参照

奥山清行 / KEN OKUYAMA オフィシャルサイト

フェラーリ大集合








































トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yo.Takahiro   2011年02月25日 21:50
4 番組ダイジェストありがとうございました。

番組放映されてから存在を知り、ものすごく見たいと思っていたので、内容を知り、刺激を受けることが出来て助かりました。

個人的な見方が書かれていたのも鮮明なイメージとなり、より深い理解につながったと思います。
2. Posted by miko   2011年02月27日 12:28
Yo.Takahiroさま

コメントありがとうございます。
奥山清行氏の課外授業は秀逸で、ほんとうに感心しました。
このようなかたちで番組評を書くのはとっても時間を要しますので、閲覧されたかたのお役にたてば、うれしく思います。