2007年09月18日

岡本愛彦著『放送の原点を問う――テレビよ、驕るなかれ』

さきにアップしたニッポン人・脈・記「テレビの情熱」に登場する岡本愛彦について知りたくなり、『テレビよ、驕るなかれ』(春秋社/1983年)を入手した。濃密な内容にもかかわらず一気に読みおえ、いろいろ考えさせられた。

本書の「私のなかのテレビ史」(p.29〜p.97)は、テレビという未知の世界で、「テレビとは何か?」という一点を凝視しながら番組をつくりつづけた岡本愛彦のテレビ史と自分史が、重厚にオーバーラップしていて興味深い。

岡本愛彦のプロフィール

◆1925年生まれ。
◆1945年、満19歳で、無条件降伏・敗戦を、陸軍航空士官学校航空通信兵科の第59期士官候補生として、信州・上田の卒業訓練地で迎える。
両親家族は中国東北部の大連にいた。自活を決意して旧制大阪高等学校に編入、GHQの「軍学徒一割制限」で追放されて東京に出、以降ほとんど肉体労働だけで慶応義塾大学経済学部(旧制)を独力で卒業。
1946年、日本社会党に入党。頭で考える前に、民主主義とは何なのかを行動のなかで掴もうとした。
戦争加担者としての自分自身を生涯糾弾しつづける決意もしたし、天皇を頂点とする軍部と独占資本の明治いらいの侵略戦争と残虐な植民地支配に対して、我々の世代こそが最も鋭い糾弾者の立場をとりつづけることの必要性を身にしみて感じていた。
ノーマン・コーウィン作『文書番号A-777』がNHKラジオから放送されたのを聴き、放送終了後もしばらく席を立てないほど激しい衝撃を受け、生涯を決定する契機になった。
就職試験で合格した某全国紙と大手出版社を捨て、あまり迷いもせずNHK(東京・港区内幸町)を選ぶ。
◆1950年、放送記者、社会報道番組ディレクターとしてNHK(東京)に入社。ラジオ時代の鳥取放送局に3年足らず、テレビの本放送開始のために東京に戻され、NHK大阪のテレビ本放送のため希望して大阪へ。
◆1957年にNHKを辞職し、TBSへ入社。
◆1963年、TBSを辞職。
◆記録映画監督、フリージャーナリスト。
◆2004年、前立腺ガンのため逝く。

上記は本書からわたしが勝手に引用してまとめたものだ。
実際の番組づくりについて記されている箇所はとてもおもしろいが、分量が多くて引用しきれない。
主体性を喪失したTV局という組織から離れた岡本愛彦だが、組織に属していたから技術が磨かれ、それが大きな作品に結実したという側面もある。

岡本愛彦の作品をほとんど観ていないわたしがいうのはヘンだが、本書を読むと、岡本の手がけた作品には、いずれも思想性が貫かれている。アクチュアリティー(今日的な問題性)を番組制作の必須条件としてTVドラマをとらえていたという。
とりわけ1958年に平和文化賞、芸術祭大賞を受賞した『私は貝になりたい』は、ライフワークだったようだ。
「正直に、自らの意志を貫き通すために」TBSを去った岡本だが、内部事情については関係者への配慮から詳述を避けている。NHKを去った理由についても同様である。

  *

本書の巻末で、岡本愛彦は「読者への質問」を投げかけている。つまりすべてのテレビ視聴者に対してである。
それを列記する。(一部要約)

………………………………………………………………………………………

,△覆燭蓮⊂Χ畔送(民放)がスポンサーの投下する広告費によって支えられており、その広告費は一つ一つ商品の原価の中に必ず組み込まれていることを知りました。商業放送(民放)は、ニュース、ドキュメンタリーを含めて、あなたの生活に必要な放送を、良識と社会正義に基づいてキチンと放送していると思いますか?

⊂Χ畔送(民放)は公正中立であり、且つ子供たちにとってためになる放送をしていると思いますか?

あなたは商業放送(民放)の主権者であり、NHKの主権者でもあります。では、主権者として商業放送やNHKなどに今の放送はおかしい――と、注文をつけたことがありますか? また、今後そうした注文をつける意志をお持ちですか?

づ吐箸蝋駝韻垢戮討里發痢△弔泙蠍共のものです。現在のすべての放送について、あなたは「公共放送」だと感じたことはおありですか? 商業放送はスポンサーがタダで見せてくれていると考えたことはありませんでしたか?

1953年(昭28)のテレビ本放送開始以来30年の間に、100本以上の作品が放送中止になっています。そうしたことについて、あなたはどうお考えですか?

商業放送は、経営が苦しくなると電波料や番組制作費を値上げし、その金は結局回り回って私たち消費者が支払うことになります。外国、殊にヨーロッパのように商業放送(民放)テレビ局を減らすべきだとか、いろんな意見があります。どうお考えですか?

番組制作に当たっている下請プロダクションのスタッフは、ひどい労働条件と安い賃金で働かされており、将来一人前のディレクターなどになれるかどうかさえはっきりしていません。こうした状況について、どうしたらいいとお考えですか?

NHKについて、あなたは身近な印象をお持ちですか?

NHKの経営を、どうしたらいいとお思いですか? ヨーロッパ並みに広告放送を許すべきだとお思いですか?

商業放送もNHKも、「皆さまの放送」と言いながら、なかなか一般の民衆を経営や番組編成に参加させてくれません。視聴者として、何を希望しますか?

商業放送免許を再考し、近い将来、商業放送のネットワークを2乃至3本に再編集して、1本のネットワークに対して幾つかのテレビ会社が番組を提供してゆくという、英国的方式に改めるべきだという声が、依然として根強くあります。それが商業放送の質を高めるための唯一の方法だというのですが、この意見についてどうお考えですか?

民衆を愚弄する番組を多数放送しているテレビ局からは、免許を取り上げるべきだという意見について、どうお考えでしょうか?

………………………………………………………………………………………

Г硫疾船廛蹈瀬ションの過酷な実態については、本書で数字をあげて詳述されている。この搾取の構図は他人事ではないとわたしはとらえてきたのだが、その姿勢を岡本愛彦に肯定されたような気がしてこころ強い。

本書は1983年に刊行されているが、内容は古びていない。
岡本愛彦の最もいいたいことは「おわりに」に記されているつぎの一節に集約していると思える。

つまり、政治や資本に勝手なことをさせないことが放送における民主主義のスタート台なのだということを、民衆の次元でせめて意志統一ができれば、放送はそこから変わりはじめるのだと思う




miko3355 at 17:17│TrackBack(0) | ジャーナリズム

トラックバックURL