2014年02月10日

佐村河内守騒動がもたらしたもの

さきのエントリーをアップしたのは2013年10月20日で、わたしは佐村河内守作曲のピアノコンサートを聴いた感想として彼を讃えた。
先日、2014年2月6日、桐朋学園大非常勤講師・新垣隆氏の会見があった。
18年間佐村河内守氏のゴーストライターとして20曲以上の曲を書き、報酬は買いとりで合計約700万円、印税には無関係だった、と。
さらに衝撃的なのは、佐村河内守氏は耳が聴こえているという。

ショックを受けながらこの問題について考えてきたが、いまの自分の考えを記しておきたい。
2月6日付で、通りすがりさまから「こっちが読んでて恥ずかしくなってきちゃいました!!」というコメントがあった。
具体的になにを意味しているのかわからないが、わたしへの批判だろう。
自分を安全圏に置いてこういう短いコメントを残すというのは、悪質だとわたしは思う。

佐村河内守氏がブレイクしたのは、2013年に放映されたNHKスペシャルが起因している。
本番組の企画者はフリーディレクターらしいが、NHKは佐村河内守氏が全聾ではなかったことを知らなかったという。
しかしそれだけではすまされないだろう。
NHKは会見を開いて、説明してほしい。
佐村河内守氏が広島の被爆者や東北の被災者、そして彼がかかわった子どもたちを欺いたのはほんとうに悪質だ。
わたしはNHKスペシャルより、自叙伝『交響曲第一番』のほうに感銘を受けた。
これはほんとうなのだが、本書を読みはじめてすぐにゴーストライターの存在を疑った。文章が手慣れていたからだ。
あとがきに「本書は、発作の合間を縫ってこつこつと筆を進め、書きあげたものです」とあったので、佐村河内守氏に文才があり、優秀な編集者がかかわったのだろうと思ったのだ。
わたしが入手したのは幻冬舎文庫だが、単行本は講談社から刊行されている。
NHKスペシャル以上に、自叙伝はフィクションである。
講談社は絶版にするだけではなく、説明責任があると思う。
ゴーストライターが存在するのかも含めて。

あらゆる芸術作品についてどう受けとるかは自由で正解はない、というのがわたしの持論だ。
作品を純粋に鑑賞して、作者の属性から切り離すことはできない。
わたしは今回の問題を考えていて、カミーユ・クローデルを想起した。
カミーユは精神を病み、「ロダンに才能を盗まれた」と思いこんでいたが、それはまったくの妄想ではなかったのだから。
師匠のロダンより弟子のカミーユのほうが優れた彫刻家だった、と評価する専門家がいるというのを、以前に新聞記事で読んだことがある。
わたしはカミーユという女性が好きだし、「分別盛り」という作品は好きだ。
芸術家が自身のマイナス体験をプラスへと転化させ、それが作品として結実したとき、ひとの魂に訴える大きな力となる。

佐村河内守氏が新垣隆氏に渡した図表には、交響曲第一番『現代典礼』とあり、1年間で作ってくれ」といわれ、完成してから数年後に「HIROSHIMA」というテーマで発表されたのには新垣隆氏が驚愕したという……。
佐村河内守氏の戦略は当たり、交響曲第一番《HIROSHIMA》のCDはヒットする。
広島市は2008年に佐村河内守氏が受賞した「広島市民賞」の取り消しを決定した。
福島県本宮市は佐村河内守氏に「市民の歌」の作曲を依頼し、先日届いたばかりの曲を3月11日の追悼式典で初披露する予定だったが、使わないことを決定した。
会見でこれについて質問された新垣隆氏は、初耳でそれには関わっていない、と発言した。
最近、ゴーストライターを辞めたいという意志を新垣隆氏が伝えたとき、それなら自殺すると脅していた佐村河内守氏は、つぎのゴーストライターをみつけていたということになるのだろうか。

新垣隆氏の会見だけでは全貌は明らかになっていない。
今後の損害賠償額は佐村河内守氏が詐称によって得た額を超えるという。
新垣隆氏が買いとりではなく、印税を受けとっていたら、損害賠償する羽目になったのだろうか。
悪事をはたらいた人間が罰を受けるとは限らない。
その意味では、佐村河内守氏のケースは悪質度が低いともいえる。
わたしがコンサートで聴いたとき、ピアニストのソン・ヨルムは魂をこめて《ピアノ・ソナタ》を演奏していた。
希望のシンフォニーといわれた《HIROSHIMA》についても、演奏したオーケストラは魂をこめたと思う。
その祈りが聴衆に伝わったのだろう。

新垣隆氏の会見のなかで最も印象的だったのは、佐村河内守氏のことを「プロデューサーだった」ときっぱりいったことだ。
ふたりのやりとりのなかで作品ができあがっていったという一面があったのだろう。
新垣隆氏は桐朋学園大非常勤講師を引責辞任するらしい。
わたしは新垣隆氏がこれを機に、チャンスに恵まれることを祈る。

話は変わるが、昨年、新宿でバンダジェフスキー博士の講演を聴いた。
「チェルノブイリよりフクシマのほうが深刻」だというのが博士の見解だ。
ほんとうは避難すべき首都圏に住むわたしは、日々の食材を買い求めるのも大きなストレスだ。
フクシマの危機は現在進行形だし、底なしの不安がある。
日本の子どもたちは、これからどうなってゆくのだろうか?
3.11以後、いつもどんよりした心境にいるわたしにとり、佐村河内守氏の存在は大きかったのだ。
彼が被爆二世だというのはウソではないらしいが……。



miko3355 at 00:44│TrackBack(0)音楽 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たぬま   2014年02月14日 11:32
3 もしよろしければ、こちらをご覧下さい。

http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/_pages/user/iphone/article?name=2014-02-14
2. Posted by miko   2014年02月14日 20:24
たぬまさま
リンク先はブログ「やくぺん先生うわの空」ですか?
閲覧しましたが、たぬまさまがなにをおっしゃりたいのか不明ですので、コメントできません。
あなたの見解が大切だと思います。
3. Posted by 岩内 省   2014年02月23日 13:30
「たぬま」の紹介する「やくぺん某」の説は大騒ぎの陰でこっそり回収・隠蔽している講談社の問題の方が音楽談義より重大で見過ごしてはいけないということ。なお、音楽論としては『平居の月曜プリント』というブログの13年08月25日「『佐村河内守』現象について」から14年02月05日、06日を経て02月17日「再び『佐村河内守』」までに核心が示されています。「とおりすがり」も口出ししています。
要は、佐村河内好き!とか放射能怖い?などと他者の言説に惑わされるのでなく自ら主体的に、自己への自己責任で判断し、理解しなさいということです。芥川が出発点なら「誰よりも民衆を愛した君は誰よりも民衆を軽蔑した君だ」(引用不正確かも)くらいのリアリズムとシニシズムを備えてほしいということです。
4. Posted by miko   2014年02月23日 23:52
岩内 省さま

ご指摘の「平居の月曜プリント」というブログを閲覧しましたが、わたしには響きませんでした。

本エントリーに書きませんでしたが、わたしに響いたのは「森下唯オフィシャルサイト」にアップされた「より正しい物語を得た音楽はより幸せである 〜佐村河内守(新垣隆)騒動について〜」(2014/02/07)です。
それと、「新垣先生を慕う学生・音楽家同志一同」による新垣隆氏の退職願いに反対する署名への呼びかけ文に賛同しましたので、わたしもコメントを添えてネットで署名しました。

岩内さまのおっしゃることには同意できませんし、その悟りきったような言説は疑問です。
佐村河内守騒動はいろんなことを考えるチャンスにはなりました。
佐村河内守氏はそれなりの罰を受けることになりますが、NHKや講談社が責任放棄できる社会のほうが、わたしは怖いです。

岩内さまの立ち位置が不明ですが、なにが真実かはわかりにくいと思います。

5. Posted by 相原   2014年06月13日 07:47
初めまして。こんにちは。
新垣隆さんのコンサートがありますので、お知らせしたくてコメント
いたしました。
6月28日土曜日、19時15分開演、小金井市民交流センター小ホール、
全席自由、2000円、問い合わせ、チケット予約0120-240-540です。
ゲストの方も出演なさるそうです。
なごやかな素晴らしい演奏会になりますように。
突然のお知らせ、申し訳ありません。
お元気で良い日々をお過ごしください。
6. Posted by miko   2014年06月14日 23:17
相原さま

コメントありがとうございます。

新垣隆さんのその後が気になっていました。
6/28のコンサートには伺えませんが、お知らせいただきましたこと、感謝します。

新垣隆さんのご活躍をお祈りしています。